EN | CN | JA
製品の特徴

熱交換効率高い、設置面積少ない


日本スピンドル製造株式会社の特許技術(複合正弦波構造)を採用して生産してるいt充填料である。 100%原料真空付着で成形し、水流が充填材表面で均一な水膜形成になるので、水と風の完全接触が達成でき、熱伝達面積を拡大したうえ、水が充填材での滞留時間も延長する、熱伝達効果を向上させる一方、敷地面積も節約できる。

静かな運連音

横流式冷却塔のため、日本スピンドル製造株式会社が開発したFRP製の超低運転音軸流ファン(大きな旋弧長;大きな引風面;運転中の運転音が羽根末端に集中させるより、動力転送部分の運転音を規定範囲以内に抑える)を採用した;3D充填材構造より水流速度が緩む、多穴板自然重力の水分布方式よ入口の水圧を0に抑え、それに入口ボールタップの水位の精確なコントロールより,滴を直接水に流れ、水流音がほとんど抑える。

 

 

  省エネ、水発散

   充填材の設計は流体力学の原理に応じた上,FRP製の軸流ファンを利用し、それに、軸流ファンの換気管を漏斗形に製作したことより、ファン必要の動力を大幅に減少する;充填材両側の水発散防止の先進構造より,水発散損失が防止できる。極低回転速度のファンシステムで、風量過大,早い風速よりの水損失が防止でき、水発散量を大幅に減少する。輸入の銅質四本機構ボールタップ、圧帯式水補給より、自動水補給スイッチの敏感度が世界先進レベルに達成する。節水の同時、冷却水ポンプの順調運転を確保する。

 

 

  超耐腐蝕、超防錆

 鋼材のすべて(構造骨組、散水槽、配管槽、固定用部品など含め)は熱浸錫めっき材料を採用し、日本工業標準(JIS H 8641-1982)を徹底参照とする同時,国内標準(GB/T 13912-9)より優れている、付着量が500g/m2以上になり、国内船用熱浸亜鉛めっき標準にも満たし、耐用年数は25年間以上までなる;羽根が上質のFRPを採用し、耐腐蝕性方面で、アルミニウム合金よりはるかに優れている、それに、設備全体の耐用年数にも満足できる。

 

 

  高難燃性、高安全性

PVC充填材では、100%純原料を採用したうえ、難燃剤及び防老化剤も加味した、国家権威消防検測に合格した、酸素指数が33.4で、難燃グレードはB1以上になる。国際権威的なSGS《通用公证行》のASTM E84- 2009C《建筑材料表面燃烧特征测试方法》に基づいた厳格な試験にも合格した,クラスA級(最高レベル)に達成した。さらに、FRP部分でも難燃剤と防老化剤も加味し、設備の安全性をはるかにアップした。

  人間らしい設計

  モータをファンカバーの側面に設置しておき、水蒸気が直接モータに吹き出ることを防止する、それに、室外専用の輸入ブランドモータを配置し、さらにモータ寿命を延長する;斯频德が元の散水槽と配管槽で採用したFRP材質の易損性を乗り切るため、メーカ全体では、率先的に材質を熱浸亜鉛めっきの鋼材に切り替えした;さらに、先進の外装式ファン油供給システム(油銃噴射)で、操作及び修理とも簡便になる。

高級コンポーネント、長寿命

  冷却塔の安定運転を確保するため、ベルト、軸受け、皮帯輪、浮球バルブなどの易損部品は全部原装輸入品にする。さらに、最優の組み合わせの創造で:セット式ベルトで多数本ベルトを切り替えたり、球面可調節の軸受けを採用したりして,ファンシステムの安定性、正常運転を確保する、使用寿命を著しく改善した;浮球バルブが四単本機構を採用し,水補給が鋭敏になり,使用寿命でも長くなる。

  防震設計

震災多発日本の国情に応じ、水平震度1.0、率直震度0.5を持って入力した設計であるので、日本建設省が公布した第1101号標準にも満足できる。冷却塔の鋼構造は8級基本震度耐えに相当する、防風強度が250kg/m2(12級台風以上の程度)以上になる。