EN | CN | JA
製品の特徴

高い熱伝達効率、小さな設置面積

  100%原料真空成形と充填材の生産のための日本とドイツ製造有限公司アダムス周波数特許技術(複素正弦波構造)、。水は、完全な接触を達成することができ、充填材の表面の水の滞留時間を延長するために、伝熱面積を拡大し、水と風との間に均一な水膜を形成するために、充填材の表面に再び流れる大きく熱伝達効果を向上させる一方また、設置面積を減少させました。

静かな走行音

FRP(FRP)によって開発されたクロスフロー冷却塔ファンの軸方向の超低ノイズ(大きな回転アーク長製、日本、ドイツ製造株式会社アダムス周波数が設計された風が大きく、ノイズの動作は、ブレードの尾部に集中し、それによって送信部)が最小限にノイズを生成し、充填材の三次元構造は、水の流量が、重力の水分散板多孔性を遅らせる、入口水圧が0となるように、また入口フロート弁正確なレベルの制御を介して、そのように直接水に落ちる、事実上のフローノイズを除去します。

 

 

  省エネ、水滴ドリフト

 充填材は、流体力学設計の原理と一致する、とFRP(FRP)の使用が大幅に必要なファンパワーの低減、軸流ファン、軸流ファンと漏斗状製換気チューブを作っているので、防水性充填材を両面に花のスプラッシュは、水はねの損失を排除するための技術構造を進みました。最大0.01%の損失を浸出するように、大量の水で速すぎ、風速を過大風を避け低速ファンシステム。ボールバルブの輸入、水圧ベルトの使用フローティング銅4体は、自動給水スイッチ感度を効果的に水の消費量を節約し、世界有数のレベルに達しただけでなく、冷却水ポンプの正常な動作を保証します。

 

 

  腐食、防錆能力

 国家標準(GB / T13912よりも優れている間(など骨格構造、バルクタンク、パイプ溝、留め具を含む)すべての鋼は、すべてのホットディップ亜鉛めっきは、(JIS H8641から1982)日本工業規格に基づいて厳格に行われているに使用されます-9)、500グラム/平方メートル以上で付着量、国内のホットディップに25年に標準海洋生物を亜鉛メッキ、高品質のFRP(FRP)材料、アルミブレードよりはるかに優れた耐食性製ブレードだけでなく、完全に生活の全体を満たしています。

 

 

 難燃性、高いセキュリティ

PVCは、状態火災検知の権威後、難燃剤および老化防止剤を追加100%純粋な原料を、梱包、33.4への酸素指数まで、上記難燃剤B1レベルに達すると。そして、ASTM E84-の2009Cに基づいて、最も権威ある国際SGS「SGS」を採用した「建材の表面燃焼特性は、メソッドをテストし、「最も厳密なテストは、クラスAレベル(最高レベル)に達しました。また、ガラス繊維、およびいくつかのも大幅にデバイスの安全性を向上させる、難燃剤および老化防止剤を添加しました。

  特別な人間工学に基づいたデザイン

  周波数カディスデ元タンク及びバルクタンクを克服するためにパイプを使用して、合理的なモータは、専用屋外モーターインポートブランドと結合ショックに直接吹き付けるだけでなく、モータの寿命を増加させる水蒸気を回避するために、ファンハウジングの側に配置されFRP(FRP)材料は簡単にメーカーが溶融亜鉛めっき鋼にすべての材料に率先して、プロパティを損傷し、外部ファンと高度な燃料噴射システム(オイルガンインジェクション)、運用・保守を行う方がはるかに簡単。

コンポーネントの構成、高品質、長寿命

  ベルト、ベアリング、プーリ、すべてのインポートされたフロート弁次のような消耗部品のために、冷却塔の動作の信頼性を確保するためです。そして、最適化された組み合わせを作成します。代わりに、複数のベルトのジョイントグループベルトで、調節可能な使用して、球状のセンターベアリングファンシステムが大幅ファンシステムの寿命を延ばし、スムーズで正確な動作を保証します; 4、単一のロッドとフロート弁機関、水感受性と長寿命。

  耐震設計

建設環境省が発行した標準番号1101に沿って、地震入力レベル1.0の地震、垂直震度0.5で設計され、日本の地震の状況などを、満たすために。同等の強度鋼の冷却塔は、上記の250キロ/㎡(12より大きい台風)まで、風の強さのグレードを8つの基本震度に抵抗することができます。